女性向けセキュリティ

女性の一人暮らしで必要なセキュリティ設備とは?

女性の一人暮らしで必要な設備は、優先度ごとに解説していきます。

・モニター付きインターホンがある
・共有部に防犯カメラと警報器がある
・オートロック完備
・玄関や窓がダブルロック
・防犯性が高い鍵が使用されている
・管理人在中

モニター付きインターホンがある

モニター付きインターホンがあれば、お部屋の玄関を開ける前にどんな人が来たのかがわかります。

不審者や訪問営業などに対応しなくて済むので、女性の一人暮らしではほぼ必須と言っても過言ではありません。

インターホンは、カラーモニターで画質が良いものだと良いです。内見時に確認しておきましょう。

共有部に防犯カメラと警報器がある

エントランスやエレベーターなどの共有部分に、防犯カメラがあると良いです。不審者は映像で証拠が残るのを嫌うため、狙われにくくなる効果が期待できます。

警報機は、トラブルがあったときに対応してくれるところにつながっています。

ボタンを押すだけのものや、受話器がついていてセキュリティ会社につながっているタイプなど様々です。内見時にスタッフに確認してみてください。

オートロック完備

オートロックとは、建物のエントランスに共用のドアがあり、鍵で施錠しなくても自動でロックされるセキュリティ設備です。

基本的に入居者以外は入ることができないため、安心感があります。

玄関や窓がダブルロック

不審者は外から侵入してくるので、玄関や窓の鍵がダブルロックになっているお部屋がおすすめです。

通常よりも空けるのに手間がかかるため、不審者に侵入をあきらめさせることができます。

防犯性が高い鍵が使用されている

ウェーブキーやディンプルキーと呼ばれる鍵は、普通の鍵と違って特殊加工がされているためピッキングされにくいです。

専用業者じゃないと複製できないこともあり、悪用されにくいメリットもあります。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。